コーティング日誌BLOG

カラクルのコーティングの日々当店のコーティング日誌です。

1

アンダーコートプレミアムの施工ご依頼です

コーティング日誌

ジムニーシエラにアンダーコートを施工しました。

富山の冬の道路は、雪の積もっている積もっていないに関わらず、融雪剤が大量にばら撒かれています。

融雪剤の正体は輸入された粗悪な岩塩であることが多く、車のボディーとの相性は最悪です。

沿岸部の車がすぐに錆だらけになり長持ちしないように、冬場の雪国の道路を走ると、大量の融雪剤にさらされ寿命を縮めてしまうことになりかねません。

今回施工させていただくノックスドールは多くの沿岸地域の車たちの寿命を引き伸ばすために大変有効なアンダーコートです。

施工前の画像です。

まだ新しい車両ですが、マフラーには錆少し見えます。

フレームにもところどころ錆のもとがあります。新車の段階で施工できれば一番いいのですが、早い段階であれば問題ありません。

また、ノックスドールにはゴム状の粘着剤の中に防錆剤がしっかりと入っているため、多少の錆があってもしっかりと錆の増加を抑えてくれます。

施工後の写真です。

下回りは真っ黒に塗り替えられました。今回依頼のあったアンダーコートプレミアムはフレームの間にもしっかりと防錆剤を浸透させるので、内部からの錆の発生もしっかりと抑えてくれます。

ブレーキドラムも錆が出ています。

これらのパーツから錆が出てくるのは仕方のないことですが、せっかくですので塗装をして防錆しておきます。

こういった細かい部分への防錆作業も。車を永く乗っていくための秘訣になります。

足回りも稼働部分以外はしっかりと防錆していきます。

ホイールを組み付ける前に、ネジ部にモリブデングリスを塗布しておくと、ボルトやナットが錆びにくくなり、一定のトルクで締め付けることもでき、ネジの固着も防げるのでとても効果的です。

ドアの隙間から防錆剤を注入していきます。

輸入車などではこのように内部防錆がしっかりしている車が多いのですが、国産車の内部防錆はイマイチ。

多少金額はかかりますが、最初のうちに各パネルの内部防錆をしておくと、内側からの錆に悩まされるリスクが激減します。

最後に洗車をして作業完了です。

今は洗車キャンペーン中なので、こちらのジムニーシエラにも徹底洗車をして納車させていただきました。

ありがとうございます。

これからも永く大切に乗っていただくためのお手伝いをさせてください。

当店の情報満載のチャンネルをご用意しておりますので、こちらのリンクからご覧ください。

Instagram https://www.instagram.com/calacl0816

Twitter https://twitter.com/calacltorotoro

You Tubeチャンネルも更新中です チャンネル登録お願いします!!
https://www.youtube.com/channel/UCmk_pNERi17wqAqdpk9BDeg

カラクル公式HP(傷・凹み修理、事故修理専門サイト)
https://calacl.com

当店のコーティング専門ページができました
(カーコーティング専門サイト)
https://calacl.jp

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP